リング

婚約指輪で絆深まる~2人を繋ぐエンゲージ~

自分に合うものを

女性

とにかく試着を

ウェディングドレスは一生に一度の晴れ舞台の大事な衣装です。それだけに自分に似合うものを身につけるのが一番です。ウェディングドレスにも流行が有り、特に上半身のデザインは数年ごとに人気が移り変わります。流行のデザインはその時はとてもよく見えるものですが、一生残るものですから自分の魅力を一番引き出してくれるものを選ぶのが賢い選択と言えます。しかし誰も着ていない、ハンガーにかかっている状態のウェディングドレスはその特徴がよくわからないものです。ですからこんな感じのものをとイメージを絞ったら、とにかく試着してみましょう。レンタルであっても最近は多少のお直しはしてくれますが、体型や雰囲気に合うものを選らばなければなりません。

候補を決めるには

しかし試着するにも数に限度が有ります。まとめるとウェディングドレスの選び方は大まかに候補をしぼる、試着する、お直しでどの程度かわるか確かめる、という手順を踏むことになります。ではそもそも最初の候補を選ぶ段階はどうしたらよいのでしょうか。全くイメージできない場合は、情報誌などにあるウェディングドレスの写真をたくさん見て、気に入ったものを切りぬいてみましょう。そうして集まった切りぬきにはなにかの共通点があるはずです。そうすることで自分の好みがわかり、こういうデザインのウェディングドレスを着たいのかと自覚できます。背の高い人はマーメイド系、可愛い系ならプリンセスラインという選び方もありますが、これよりももっと自分らしい一着を見つけやすくなります。